サイトメニュー

切らない方法と切る方法

カウンセリング

セカンドオピニオンを活用

二重整形手術には大きく分けて二つの方法があります。埋没法と、切開法です。埋没法は皮膚を切ることなく、極細の医療用糸で瞼にラインを描く方法です。ラインが取れづらく、目立ちにくいため、整形したことにも気づかれにくいのが特徴です。二重整形は目の形によってラインの描き方が変わりますし、患者の希望に合ったひだを作る必要があります。埋没法は後から糸を抜くことも可能なので、手軽に受けることができるのが特徴です。一方、切開法は文字通り瞼の皮膚を一部切り開く手術となります。瞼に脂肪がついており、腫れぼったい状態になっている人には切開法が勧められます。というのも、余分な脂肪がついた瞼に埋没法を施しても、脂肪が邪魔となって綺麗な目にならない可能性があるからです。切開法は脂肪を取り除いた上で糸でラインを作ります。そのため、元の一重に戻ってしまうような心配がなく、永久的に効果を持続することができます。どちらの方法も美しい目を実現するのに効果的ですが、どちらが適しているかは医師とともに慎重に判断しましょう。二つの方法は費用や治療後の腫れの度合いも異なります。判断材料として、口コミサイトなどが効果的です。実際に利用した人の口コミであれば、どのような話し合いが行われたかや医師の人柄なども知ることができますので、うまく活用しましょう。二重整形を行なう際、クリニックの事前情報や、二重整形の流れなどを口コミサイト等で確認しておくのがよいでしょう。美容外科クリニックは全国に数多くありますが、中には治療方法の説明が不十分であるのも実情です。美容整形においてもセカンドオピニオンは利用できます。受診予定のクリニックの他にもいくつか候補を上げておき、口コミを確認しておきましょう。医師の説明で注意して聞いておくことは、治療方法の選択肢です。選択肢は最低でも二種類挙げられます。瞼を切らない埋没法か、切って永久的な二重を作る切開法です。そしてそれらの方法は瞼の状態によって適切に使い分けられなければなりません。提示された方法が一つだけだった時や、なぜその方法を提案するのか納得のいく説明を受けられなかった場合は、一旦保留したほうが良いでしょう。特に切開法は埋没法に比べ費用が多めにかかりますし、皮膚を切ることで治療後の腫れやむくみが埋没法より長引きます。切開法が適すると判断されるのは、主に腫れぼったい瞼をしている人です。余分な脂肪等を取り除く必要があるため、切開してラインを作ります。それ以外の場合は埋没法が利用できることが多いため、念のため他のクリニックでも話を聞いてみるのが無難です。

Copyright© 2018 二重って大事!後悔しない整形外科選び【口コミの評判を比較】 All Rights Reserved.